toggle

講師

望月晶子(もちづきあきこ)

同志社女子大学学芸学部音楽学部ピアノ科卒

パリ地方音楽院(ConservatoireNationalRegion de Paris) ピアノ、室内楽を専攻

音楽教室クレール主宰

ひじり幼稚園ピアノ*リトミック教室代表

リトミック研究センター初級認定講師

日本ジャック=ダルクローズ協会会員

*生い立ち

大阪府堺市生まれ

4才から近所の個人レッスンでピアノを習い始める。
母親と先生の熱い指導のもと、めきめき上達するも
厳しすぎるレッスンにレッスンの日は腹痛が・・・

でも、相愛大学付属こども音楽教室での6年間のソルフェージュの学びもあり
この時代にわたしの基盤は作られたと感謝の思いでいっぱいです。

中学になり先生が変わって、
名曲ばかり弾かせていただいた中高6年間
中1で幻想即興曲を弾かせてもらったときは、弾いてる自分にうっとり

ピアノが大好きになり、
同志社女子大学学芸学部音楽学科ピアノ専攻入学

卒業後、ある転機がありフランス行を決意。
言葉は通じなくても、人と繋がる音楽の素晴らしさに改めて感動を受け
パリにて3年、音楽漬けの時期を過ごす。
この3年は人生の宝です。

帰国後、フランス語学校の受付や企業のフランス語関連の仕事をしていたが
出産を機にご近所の幼稚園で働かせていただくことなり
幼稚園のピアノ課外教室を任せていただき10年

2017年11月 音楽教室クレールをたちあげる

小6(男)小3(男)年長(女)の3人のママ

親のいうことを全くきかない長女の
ピアノの練習に毎日四苦八苦
お母さまたちの気持ち・・・よくわかります(笑)

また、発達に凸凹のある子どもの教育についても日々勉強を重ねています
2017.9 発達障害コミュニケーション指導者初級を取得

*好きなもの
海、フランス、ワイン、ビール、献血
ラグビー(ワールドカップ2019年日本戦は必ず行く!!)

*好きな音楽
エゴラッピン(よっちゃんは大学時代の同級生!)
クラッシックはブラームスとフォーレ

 

 

竹田 景子(たけだ けいこ)

神戸市出身

5歳よりピアノを始める。

ピアノも好きだけど外で遊ぶのも大好きな活発な子どもで
中学では硬式テニス部に所属。

高校ではかなり本気な長田高校音楽部(合唱部)に入り
ソプラノパートリーダーとして朝練、昼練、放課後練と楽しく練習に明け暮れて
3年生の時に合唱コンクール全国大会に出場。

大阪大学でも混声合唱団に所属。
またもやパートリーダーとして熱心すぎるほどサークル活動に熱中。
熱中し過ぎて、個人的に声楽を習い始める。
大きな団体ゆえにラッキーだったことは、演奏会のたびに客席1000人以上の大きなホールで歌えた事。

卒業後数年間、カリスマ指揮者率いる合唱団京都エコーに所属。
また、アジアの各国からオーディションでメンバーを集めたアジアユース合唱団in新潟にもソプラノメンバーとして参加。

中学受験塾で算数講師をしながらピアノも練習する状態を数年続けた後に
音大でしっかり音楽を究めることを決意。

神戸女学院大学音楽学部に編入、続けて大学院にも進学し、修了。

在学中から徐々に合唱団や声楽の伴奏の機会が増え、音楽中心の生活に切り替わる。

ソロや、声楽、合唱団、管・弦楽器との共演で多くの演奏会に出演
2010年に初めてのリサイタルを開催、以降およそ2年に一度のペースで開催。

我ながら忙しい生活を送っていますが(笑)
素敵なカフェで美味しいコーヒーと甘いものをいただく事
お風呂にゆったりつかる事が大好き。

ついでにぬいぐるみも大好き。

 

 

竹内 陽子(たけうちようこ)

神戸女学院大学音楽学部卒業
同大学大学院修了

第13回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
第17回堺ピアノコンクール金賞
第6回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞
第28回摂津音楽祭奨励賞
第19回KOBE国際音楽コンクール優秀賞

等を受賞

私がピアノを始めたのは小学校に入る頃。
ショパンやモーツァルトなどのクラシックの名曲に憧れて母にピアノを教えてほしいと頼み習い始めました。
ところがいざ始めてみると、私はショパンが弾きたかったのに、先ずは右手と左手でひたすらドを弾く練習から。
更に困ったことに、ドを左右交互に弾くだけなのにすごく難しい(泣)
最初からショパンを弾けるだなんて考えていた私がバカなだけという説もありますが、こんなに大変ならもういい!と、レッスンが始まった3分後に辞めたくなりました。

…が、私はピアノのお稽古を始める前に、母と、ピアノを毎日練習することを約束していたのです。
約束した時はピアノを毎日練習することが大変だなんて全く知らず、大好きなショパン、毎日弾きます!と軽く返事をしてしまい、後悔しました(笑)
でも約束した手前毎日練習することになり、だんだんピアノの楽しさも知るようになり、自分からピアノに向かうようになりました。
ただ、上手になりたい!と思っても簡単にはいかず、ピアノの難しさ、自分の出来なさを痛感すること多々で、情けない思い、悔しい思いもたくさんしました。
でもそんな自分とピアノを通して向き合ってきたことは私にとっての大切な財産です。

特に大学時代、下手な自分を何とかしたくてひたすら試行錯誤な毎日でしたがうまくいかず、今から思えば無駄な努力もたくさんしました。
もし過去に戻れるのなら、もっと頭を使って練習方法を考え直しなさいと言ってやりたいくらい…

でも、今までやってきたことは全て、生徒さんのレッスンをする上で、どんな練習をしたらいいのか、どうするのが一番近道か、どうすればできるだけ楽しく練習できるのかを考える上でとても役にたっていると思います。
レッスンに来てくださる皆様に音楽の楽しさをお伝えできるよう心がけて日々レッスンしています(^^)

趣味
バレエ 時短料理開発