toggle

講師

 

望月晶子(もちづきあきこ)

同志社女子大学学芸学部音楽学部ピアノ科卒

パリ地方音楽院(ConservatoireNationalRegion de Paris) ピアノ、室内楽を専攻

音楽教室クレール主宰

ひじり幼稚園ピアノ*リトミック教室代表

リトミック研究センター初級認定講師

日本ジャック=ダルクローズ協会会員

*生い立ち

大阪府堺市生まれ

4才から近所の個人レッスンでピアノを習い始める。
母親と先生の熱い指導のもと、めきめき上達するも
厳しすぎるレッスンにレッスンの日は腹痛が・・・

でも、相愛大学付属こども音楽教室での6年間のソルフェージュの学びもあり
この時代にわたしの基盤は作られたと感謝の思いでいっぱいです。

中学になり先生が変わって、
名曲ばかり弾かせていただいた中高6年間
中1で幻想即興曲を弾かせてもらったときは、弾いてる自分にうっとり

ピアノが大好きになり、
同志社女子大学学芸学部音楽学科ピアノ専攻入学

卒業後、ある転機がありフランス行を決意。
言葉は通じなくても、人と繋がる音楽の素晴らしさに改めて感動を受け
パリにて3年、音楽漬けの時期を過ごす。
この3年は人生の宝です。

帰国後、フランス語学校の受付や企業のフランス語関連の仕事をしていたが
出産を機にご近所の幼稚園で働かせていただくことなり
幼稚園のピアノ課外教室を任せていただき10年

2017年11月 音楽教室クレールをたちあげる

中1(男)小4(男)小1(女)の3人のママ

親のいうことを全くきかない長女の
ピアノの練習に毎日四苦八苦
お母さまたちの気持ち・・・よくわかります(笑)

また、発達に凸凹のある子どもの教育についても日々勉強を重ねています
2017.9 発達障害コミュニケーション指導者初級を取得

*好きなもの
海、フランス、ワイン、ビール、献血
ラグビー(ワールドカップ2019年日本戦は必ず行く!!)

*好きな音楽
エゴラッピン(よっちゃんは大学時代の同級生!)
クラッシックはブラームスとフォーレ

 

 

 

竹内 陽子(たけうちようこ)

神戸女学院大学音楽学部卒業
同大学大学院修了

第13回兵庫県学生ピアノコンクール金賞
第17回堺ピアノコンクール金賞
第6回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞
第28回摂津音楽祭奨励賞
第19回KOBE国際音楽コンクール優秀賞

等を受賞

私がピアノを始めたのは小学校に入る頃。
ショパンやモーツァルトなどのクラシックの名曲に憧れて母にピアノを教えてほしいと頼み習い始めました。
ところがいざ始めてみると、私はショパンが弾きたかったのに、先ずは右手と左手でひたすらドを弾く練習から。
更に困ったことに、ドを左右交互に弾くだけなのにすごく難しい(泣)
最初からショパンを弾けるだなんて考えていた私がバカなだけという説もありますが、こんなに大変ならもういい!と、レッスンが始まった3分後に辞めたくなりました。

…が、私はピアノのお稽古を始める前に、母と、ピアノを毎日練習することを約束していたのです。
約束した時はピアノを毎日練習することが大変だなんて全く知らず、大好きなショパン、毎日弾きます!と軽く返事をしてしまい、後悔しました(笑)
でも約束した手前毎日練習することになり、だんだんピアノの楽しさも知るようになり、自分からピアノに向かうようになりました。
ただ、上手になりたい!と思っても簡単にはいかず、ピアノの難しさ、自分の出来なさを痛感すること多々で、情けない思い、悔しい思いもたくさんしました。
でもそんな自分とピアノを通して向き合ってきたことは私にとっての大切な財産です。

特に大学時代、下手な自分を何とかしたくてひたすら試行錯誤な毎日でしたがうまくいかず、今から思えば無駄な努力もたくさんしました。
もし過去に戻れるのなら、もっと頭を使って練習方法を考え直しなさいと言ってやりたいくらい…

でも、今までやってきたことは全て、生徒さんのレッスンをする上で、どんな練習をしたらいいのか、どうするのが一番近道か、どうすればできるだけ楽しく練習できるのかを考える上でとても役にたっていると思います。
レッスンに来てくださる皆様に音楽の楽しさをお伝えできるよう心がけて日々レッスンしています(^^)

趣味
バレエ 時短料理開発

 

 

 

 

 

杉原 里奈(すぎはら りな)

 

大阪音楽大学短期大学部専攻科ポピュラーコース卒業

大分県出身

4才からピアノを始める。
また、小学2年生からバスケを始め、幼少期はピアノとバスケ漬けの日々を過ごす。

中学ではバスケ部に所属しながら、友人とバンドを組み、ドラムを担当。

ピアノ以外にもギターやベース、ウクレレ等にも挑戦しましたが、なかなか続きませんでした。。(^_^;)

そんな中、もっとピアノが弾きたい!学びたい!と思い、音楽高校へ進学。

しかし、今まで楽しく習っていたピアノとは打って変わって、先生の厳しい指導のもと、朝から晩まで音楽漬けの日々を過ごし、1度は音楽が嫌いになったことも。。

つらい高校生活でしたが、その中で、素晴らしい友人に恵まれたことが唯一の救いでした。

そして、高校の友人と組んだバンドがきっかけで、ポピュラー音楽の道へ進むことを決意。

大学では、ポピュラーピアノとシンセサイザーを学び、他の楽器とのアンサンブルや、楽譜に縛られることなく自由に演奏することで、音楽の楽しさを再確認することが出来ました。

また、大学時代からイベントやブライダルなど、様々な場所での演奏活動を始め、現在は、レッスンの他にもアレンジや編曲、アーティストのバンドサポート等も行なっています。

ピアノを通じて、生徒の皆さんと一緒に楽しい時間を過ごせたら嬉しいです。

一緒に楽しく上達を目指しましょう!

♪好きなこと♪
・温泉に入ること(地元に帰ると毎日入っています)
・美味しい物を食べること
・料理をすること
・動物の写真や動画を見ること(特に犬が好きです)

 

 

中川 美和 (なかがわ みわ)

大阪音楽大学 音楽学部 器楽学科 ピアノ専攻 卒業

3歳よりピアノを始める。

 

中学時代は、吹奏楽部の部長を務め、トロンボーンを担当。

いろんな楽器が合わさり、一つの曲になる楽しさ、それと同時に、大勢をまとめる大変さを学びました。

高校は、岡山私立山陽女子高等学校音楽科へ。

本格的にピアノを学び、楽しくも厳しい三年間となりました。

大学では更に本格的なレッスンへ。

在学中は、ホルン・声楽の伴奏を務めました。

卒業後は岡山の音楽教室・自宅でピアノを指導。

同時にレストラン・ラウンジ・ビアガーデンでの演奏活動を行う。

 

現在はピアノ講師の傍ら、ポピュラーピアノを勉強中。

クラシックとは違い、自由に演奏するのは楽しいですが、逆に自由に…となると難しいです。

これまで2歳から84歳まで、多くの生徒さんを指導してきました。

 

一人一人の年齢・目的は違いますが、ピアノを弾くにあたっての基礎はしっかりと、そして生徒さんの個性に合わせたレッスンを心がけています。

二児の母

中学校・高等学校教諭一種免許状(音楽)取得

 

 

乾 将万(いぬい まさかず)

大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻を最優秀の成績で卒業

大阪音楽大学大学院を修了

2016年よりハンガリー国立リスト音楽院に留学し、2018年完全帰国。

これまでに、川端素子、出戸由記子、川上孝子、故・林秀光、小森谷泉、鈴木謙一郎、松田康子、クラウディオ・ソアレス、ファルヴァイ・シャーンドル、イェネー・ヤンドーの各氏に師事。現在、INUI MUSIC SALON主宰、大阪音楽大学演奏員。また、多種多様なコンサートを企画・運営し、精力的に演奏活動を行なっている。

 

 

幼少期よりピアノを習っていましたが、両親も私自身も本格的に取り組むつもりは無かったため、初めてクラシック作品を弾いたのは小学6年生の時でした。中学2年の頃から無謀にも音大を目指し始め、現在に至るまで膨大な練習量でカバーし続けています。

多くの先生に師事してきましたが、どの先生も素晴らしく、大切なことをたくさん学ばせていただきました。特に林秀光先生は、師事できた期間こそ短かったものの、音楽へ向かう姿勢の本気度という最も重要なことを叩き込んで下さったように思います。先生がよく仰っていた「大切なことは大きな声で言わないんだよ」という示唆に富んだアドバイスは忘れられません。

大学生活では、満席のオペラハウスでピアノ協奏曲をオーケストラと共演出来たこと、最優秀賞を受賞して卒業出来たことが1番大きな成果です。

大学院では歌曲や室内楽でのアンサンブル、論文など音楽家に必要な技能を幅広く学びました。演奏の現場で役立ったことは言うまでもありませんが、論文で学んだ学究的な思考も、音楽企画を充実させる上で非常に役立っています。

留学生活では、日本で息の詰まる思いをしていた部分が解放され、伸び伸びと音楽に没頭出来ました。そこで出会った友人や音楽体験は最も大きな宝物です。

一緒に勉強する生徒さん達には演奏のノウハウを伝え、楽しくピアノが弾けるようになって欲しいと願っています。